中国语    |    English    |    日本语        
企業名:中瑞国際物流(大连)有限会社
ホットライン:+86-411-82728999
ファックス:+86-411-82778600
E-mail:info@chinaraiser.com
を予约会社の合唱して新しい価格の引き上げになった
は7ヵ月間の「価格の引き上げ-反落-再価格の引き上げ-再反落」の巡回した後、コンテナの運航が企業も再び価格の引き上げの试み、なるべく上半期の不良債権の規模は、11月1日から、新しい1ラウンドの価格の引き上げをブームが再び近づいてきた。
 
「現在の料金水準が良くなく、我々が11月1日からアジア欧州路線価格の引き上げを950ドル/ teuの決定」と話した。马士基華南区会長の古達玮(davidskov)が「第一財経日報記者によると。記者がそこから海集运(601866 . sh)、中集运など、多くの国内予约会社も確認し、両社ともに引き続き価格の引き上げの計画であり、その中でも進入も集运つもりはアジア欧州路線の料金アップ950ドル/ teuで、中集运も宣言し、10月1日から、対西北欧と地中海から極東やインド航路次大陆東行貨物統一料金引き上げ20フィート当たり200ドル、毎9000 teu 40フィート9000 teu 300ドルで取引を終えた。
 
7月1日から、予约会社の価格の引き上げ幅がかなり大きく、その後の8月と9月、予约会社ともに値上がりしている料金だった。ある集运内部の人物に進入した後、記者団に指摘した予约会社の当面の歪んだ、今年は7 ~ 9月の伝统的なシーズンを迎え、コンテナ取扱量も出ていないが大幅に増え、により大量の船舶の進水も続け、大幅に値上がりしている料金に押し付けようとしているように簡単ではない。
 
記者が获得の統計データによると、今年9月のアジア欧州路線周运力配置は7月の累計は3 %増となったが、国慶節前の出荷小ラッシュが表れていない上、予约会社の船舶の座席の利用率を平均で約85 %を引こうとし、市場での料金が8月以降の一方下りの动向で多数の全国下落幅が100ドル/ teu以上、一部の全国最低料金が甚だしきに至っては700ドル台を割り込む/ teuだった。「現在の料金水準を獲得できる珍しい船会社収益で、下半期の徴収船枚数は、上半期よりも多く、船会社の圧力は年々増えている。」このような者は、記者らに進入集运事実を明らかにした。
 
今年6月、马士基?地中海運航とフランスが飞ば計画というネットワークを構成することにした長期運営なお連盟の合意により、アジア?ヨーロッパ間、太平洋岸や大西洋両岸政策を展開して運営することを決めた。もし最終しを通過すれば、未来の欧州線下巻ps)、g 6、進入集运と长荣ckyhの三つ巴の戦いに小さな会社の生存のための空間はさらに大きいだろう、との行きすぎた。